<< ブラック・ラグーン 7 (7) (サンデーGXコミックス)main7SEEDS 11 (11) (フラワーコミックス) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

▲top|-|-

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃

評価:
吉田 秋生
小学館
¥ 530
(2007-04-26)
JUGEMテーマ:漫画/アニメ



人の死に対する認識にリアリティがありすぎる。
絶対にこの人誰か死んだことがある人なんだろうな。
そう思うけども、そうじゃなかったらちょっとおののくんですけど。調べてみたら吉祥天女の人だって出てきてあーじゃああれ面白いのかなーって思ったけども、更にしらべてみたらBANANAFISHの人だということがわかってうわーじゃああれ面白い面白いいわれてるのほんとなのか!!と思いました。

BANANAFISHって面白い面白い言われてるけどなんでだかとうとう今まで気合いれて読む気が起こらずにきちゃった漫画なんだよなー。いよいよ今度読んでみようか。

人の死だけじゃなくても散々泣いて結局ケロっと他の人と結婚した母親のような人を“あれだけ人目も気にせず泣くんだもん、ストレスたまんないよ”ってばっさりだけどすごくあっさり言い切っちゃうとことか、あっさりすぎてかえってものすごいきょどりましたよ。
そーなんだよねーまるで自分が世界中で一番悲しいみたいに泣けるのって実は本人にとっては一番薬になることで回復も早いんだけども、その分他の人を巻き込んで迷惑かけるっつーかけられた方にとっちゃ最悪の方法なんだよねー。
だからこの本のおねえちゃんみたいに真剣に受け止めた方は馬鹿を見るような立場になっちゃうことも少なくないと思うんだけど、泣けない人は泣けない人でそれが一番危険なわけだし、結局は何が一番いいのか…って考えると、感情にも質量保存の法則みたいなのがあって、負の感情は一度生まれたら結局はどこへ出してもしまっても誰かを傷つけるものなのであって、誰かが“犠牲”にならざるを得ないのはしょうがないもんなのかなあとか思ってしまうわ。
自分に関して言えば誰かを犠牲にするくらいならお前が死ねってなもんなんですけどもね!!

でも誰かを犠牲にするような人だからこそ死んでほしいのであって最初から誰かを犠牲にするくらいなら死ぬような人には死んでほしくないのだから難しいんだよなあ。
正しくない人は死ぬべきときに死なないから生き残って正しい人は死ぬべきときに死んじゃうからいなくなっちゃうっていう正しすぎる矛盾なんですよね。
昔の人が天国でもなきゃ救われないって思うのも道理だわ。まあそれはいいんですけども、死に向かう人と向き合うのはものすげーエネルギーがいるしそれを受け止めきれない許容量の小さい人がいるっていうのも何でこの人そんなことさらっと言えるん……
恐ろしいわ……と思いました。

その許容量の狭い人のキャラクターにはちょっと疑問を持ったのだけども、(あそこまでヒロイックな人ならばむしろ積極的に死にゆく人と関わってゆけるのではないか?と思い。)でもやっぱ何かを抱え込めるほどには芯のある人じゃないとダメなのかなーとも思ったりで、そこらへんは断言に至らずなんとも言えません。

でもだから例えば子供が死んで手記を発表できる親とか、死んだ原因に怒って抗議や提訴の姿勢を取れる親族とか、すげーなーとはもちろん思うけどもそのパワーはどこから来るんだと思ってちょっときもちわるくもあるんですよね。あくまで個人的な話ですけども。
かつてあった切腹っつー文化のように、自殺した文学者がしばしば神格化されるように、どんな手を(例えば悲しみを他の感情に置き換えるという手を)使ってでも生き延びようとする精神を疎む感情がもし日本人らしさなのだとしたら、自分はうっとうしいぐらい日本人らしい日本人なのだなあと思いますよ。
A型だし!!
まあ切腹も自殺もするつもりはありませんがね。

▲topcomments(0)trackbacks(1)

スポンサーサイト

▲top|-|-

:: Comment ::

この記事へコメントする

      

:: Trackback ::

title:-
from: -
date: 2008/01/25 6:12 PM
管理者の承認待ちトラックバックです。
この記事へのトラックバック
<< | November 2019 | >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
     0102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Profile

アマゾン検索

New Entries

Selected Entries

Recent Comments

  • ブラック・ラグーン 7 (7) (サンデーGXコミックス)
    (04/24)
  • GOTH―リストカット事件
    藍色 (03/21)
  • それでもボクはやってない スタンダード・エディション
    管理人 (08/23)
  • クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子 (講談社ノベルス)
    管理人 (08/23)
  • クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子 (講談社ノベルス)
    (08/04)
  • それでもボクはやってない スタンダード・エディション
    ひろし (03/03)
  • レオン 完全版 アドバンスト・コレクターズ・エディション
    管理人 (02/26)
  • レオン 完全版 アドバンスト・コレクターズ・エディション
    うさぎ (02/25)
  • ベオウルフ
    管理人 (01/06)
  • ベオウルフ
    ひろ (01/06)

Recent Trackback

Categories

Archives

Links

スポンサーリンク

DHCオンラインショップ

Recommend

Mobile

qrcode

Search this blog

Others

Gun☆Ryu's blog:banner Gun☆Ryu's Template:banner  ぷあぷあ-banner  みんなのブログポータル JUGEM

Sponsored