<< 寄生獣―完全版 (1)mainエマ (1) (Beam comix) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

▲top|-|-

大奥 (第1巻)

評価:
よしなが ふみ
白泉社
¥ 600
(2005-09-29)
JUGEMテーマ:漫画/アニメ


寄生獣を思い出したらそういえば読んでスゴイと思っても忘れてる本ってあるよなあと思い出してきましたよ。基本的にスゴイものって一回読んだらお腹一杯だから忘れてしまいやすいんですよねー。(矛盾してるようですが)持つのはやっぱりギャグ本とか癒される本とか眺めてて楽しい本とかそういうのがいいんです。遊園地は家の外にあるから楽しいんだみたいな。(笑)
唯一ソレで買ったのってワンピだけだったんですが、あれも何気にSBSやギャグの面白さ、戦闘シーンの爽快さ、そこに真理を見抜くまっすぐな力をちょこっと加えてイラストの楽しさもあったものに目をつけたようなもんだしなあ。
買ったはいいけどベルメールさんの話とかほとんど読み返せはしませんでしたもの。アラバスタ編とかはやっぱり息もつけない面白さでしたけどね!
ローグタウンからアラバスタ編終了までの下りはある意味ワンピの思春期というか、あのスピード感が再び戻ってくるなら作品の尋常でなさを疑うくらいの奇跡だと思います。
作者がいるもんなんだから奇跡って言い方もないとは思うけどね。つーかワンピのレビューになってどうするんだ。いかんいかん。大奥だ大奥。

オビにあるとおり男女逆転大奥の設定で進む物語なんですが、これがスゴイのはファンタジーだけどファンタジーとはいえないくらいの現実として世界を構築しちゃってるってとこだと思います。7seedsもそう思ったけど、これが例えば別世界とかタイムワープした先の設定ってことなら、ぜんぜんファンタジーにもギャグにもできちゃうと思うんですよ。
でもこの作品はそうしちゃえば荷も軽くて済むところをどこまでもれっきとした理由があってそうなったリアルでの話にしちゃってる。体力あんなあと思います(そこ)

設定のおおもとの流行病もさながら、将軍が女性である以上“公式での初めて交わる相手”は将軍を傷つけた罪と同等に死罪になる、って設定とか一瞬本当にそういう制度が歴史上あったのかと思いましたよ。ないっつの!
え、ないよね?(汗)(大体男社会である以上たとえ女性天皇としても相手はおおむねの場合ひとりきりと決まっているものだろうし)

しかもそこまで一応は今の状況に対する説明のつく最低限の設定は作っておきながら、なおその遷移過程をそのままにしておかないで詳細に描こうとするねばりづよさがまたスゴイ。
制度が確定したあとでも跡継ぎには男名を名乗らせるという点からこの社会には昔“男しかいなかったような”制度ではないかって将軍さまだっけがが言う表現にはしびれますよ!男優位とかそういう表現じゃなくってそこを突き抜けた言い方をした所に男性本位社会への“無意識の”痛烈な指摘も含まれているというか。(まあそこまで言われるような社会は既に一昔くらい前のものになってしまっている、からこそ描けた作品だとは思いますが)

絵やストーリーのところどころの残酷さは苦手意識が残ってたりもするんですが、そういうとこはやっぱ漫画がスゲェうまい人なんだなと思います。
『愛しい娘たちへ』かなんかも読んだ高校生当時はピンとこない部分もあったけど、もうちょっとたったらわかるようになってるんだろうなと予測できるくらいにはすごかったな。

ただこの人とハチクロの作者がメロディでやった対談にはすごい共感する発言もありながらショックなところも多かったのでありました。
そこバラしちゃっていいん…。
▲topcomments(0)trackbacks(0)

スポンサーサイト

▲top|-|-

:: Comment ::

この記事へコメントする

      

:: Trackback ::

この記事へのトラックバック
<< | November 2019 | >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
     0102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Profile

アマゾン検索

New Entries

Selected Entries

Recent Comments

  • ブラック・ラグーン 7 (7) (サンデーGXコミックス)
    (04/24)
  • GOTH―リストカット事件
    藍色 (03/21)
  • それでもボクはやってない スタンダード・エディション
    管理人 (08/23)
  • クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子 (講談社ノベルス)
    管理人 (08/23)
  • クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子 (講談社ノベルス)
    (08/04)
  • それでもボクはやってない スタンダード・エディション
    ひろし (03/03)
  • レオン 完全版 アドバンスト・コレクターズ・エディション
    管理人 (02/26)
  • レオン 完全版 アドバンスト・コレクターズ・エディション
    うさぎ (02/25)
  • ベオウルフ
    管理人 (01/06)
  • ベオウルフ
    ひろ (01/06)

Recent Trackback

Categories

Archives

Links

スポンサーリンク

DHCオンラインショップ

Recommend

Mobile

qrcode

Search this blog

Others

Gun☆Ryu's blog:banner Gun☆Ryu's Template:banner  ぷあぷあ-banner  みんなのブログポータル JUGEM

Sponsored